子どもと二人の海外旅行。楽しかったけれど荷物で失敗しました。

小学4年生の娘と私(母親)の二人でハワイに5泊6日の旅行に出かけた時のことです。当時、子どももかなりしっかりしてきていたので、子ども用にボストンバッグを購入して、子どもの身の回りの物を入れて持たせることにしました。

娘にとって初めての海外旅行であり、新しいバッグも大変気に入っていたので、行きは、喜んでバッグを持っていました。ところが、帰り路、娘は海外旅行の疲れと時差の関係で、空港からの電車でぐっすり眠って起きなくなってしまいました。ぐっすり眠った小4の娘を抱えながら、自分の身の回り品が入ったボストンバッグと娘のボストンバッグを肩にかけ、キャリーバッグを手に持ち、空港からの電車や新幹線を乗り継ぐはめになりました。

今となっては、いい思い出話になっていますが、とても大変な帰り途となってしまいました。子ども連れの海外旅行では、安全の面からも、できるだけ荷物は大きなキャリーバッグ一つにまとめること。そして、ロストバゲッジ対策として身の回り品や1、2日の着替えを別の荷物にする場合には、ショルダーバッグかリュックサックにして必ず両手を空けるようにすることが必要だなと思いました。海外でも日本でも、子ども連れの旅をするときには、身軽にしておくことが大切ですね。