アメリカで色々欲張り過ぎました

アメリカ・オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドに出かけました。広大な敷地内にあるいくつもあるパークを効率よく短時間で周りたかったので、出発前にかなり調べものをしました。パーク内のホテルに宿泊して移動時間の短縮と朝に1時間早く指定されたパークに入園できる権利、各パークへの無料の移動手段であるバスなどの利用も確保しました。

そのうえで、事前に調べていた各パークの効率的な周り方、どの座席がいいのかなど、様々な情報をもとに朝から晩まで、時には午前と午後で違うパークを掛け持ちで周ったりもしました。それを3日ほど続けたのですが、4日目のエプコットセンターを周る日には疲れがピークに来ており、正直ゆっくりと座っているだけでパークを周る気力も体力もありませんでした。

また食事がずっとパーク内のお店だったのも疲れが溜まってきた理由かなと思います。日頃食べなれているご飯や麺類を全く口にせず、とりあえず積極的に野菜と果物を摂ってはいたのですがやはり足りなかったのだなと思います。疲れのピークにあった時にエプコットにいたのは幸運で、そこには日本館がありウドンやカレーを口にすることが出来ました。お茶ももちろんあったのでそれも助けになったと思います。

9日間の旅行だから大丈夫だろうと思い何も日本食を持って行かなかったのですが、これからはインスタントのお茶とカップ麺(ウドン・蕎麦)などを持って行こうとこの旅行の時に思いました。